Do you remember rock'n roll radio ?

デジタルガジェットと麺活とメンタルヘルス

時代の要請と歯車達のララバイ

トピック「退職」について

これまた、自分には旬かもしれないトピックである。

僕は、現在の会社に約10年以上勤務してきた。

入った時は、いろいろ未成熟なところばかりが目についたけど、今では立派な会社になってきたと思っている。

現会社の今の採用基準では、きっと今じゃ入社できないと思っている。

 

この会社は未熟ではあったが、幸い「勢い」があった。

その勢いに任せて今より10歳若い自分は、本当にいろいろな経験をさせてもらって、すごく感謝している。

その経験は「0」のものを立ち上げてモノにするってことなんだけど、これがこの会社ではやったことが無いことばかりで、それを自分にやらせて貰えることがなによりうれしかったし、誇らしいことだった。

 

つまりこれって「時代の要請」ってヤツのような気がする。

「時代の要請」を受けたヤツは、間違いなく社内で輝いているし、一目置かれるような雰囲気があった。

 

この「時代の要請」をうまく利用すれば、俗に言う出世ってやつにあやかれるのであろう。

 

でも、自分は裏方で居たいことを希望してしまった。これって良く言われるチャンスを逃すってやつかな。

 

時代の要請は10年勤務すれば、波はあれど2回くらいは来るんじゃないかと思う。

でも、2回目でもタイミングが合わなっかた。

 

仕事内容と組織は別モノ。

 

なんか都合の悪い歯車になってしまったようだ。もちろん組織なんで、歯車なのは当然なんだけど、上にも行けない・下にも行けない、中途半端なポジションっていう居心地の悪い場所に収まっていたりする。

そんな状況に耐えられるのであれば、残るのもよし。堪え難しの場合は、やっぱり居場所探しの旅に出るしかないんじゃないの?ってのが今の考え。

 

時代の要請を待つのも悪くないが、折れた歯車達は折れた部分なりの「合う歯車」へのチャレンジも悪くない。

 

マンネリしすぎて歯車に油をさすのを忘れて歯が壊れてしまった。

なので別の歯車を使用下さい。 

 

何も時代の要請は社内だけではないであろう。