Do you remember rock'n roll radio ?

デジタルガジェットと麺活とメンタルヘルス

双極性障害のうつが酷くて休職してしまった

現在のクリニックに転院してから、自分の精神疾患うつ病から双極性障害に変わりました。
よくなったり悪くなったりを繰り返したりしながら誤魔化しながらなんとか通勤していました。
去年年末もまとめて欠勤をしてしまい勤務形態を時短にしてもらいながらやってきました。
なぜこんな厚遇まで受けて、体調が好転しないのか。自分でも本当のストレス源がわからないでいます。
仕事がストレス源を言えばそうだし、仕事の細かいことを考えていってもそんな大したことでもないと思います。
すべてが嫌になったといえば一番しっくりくる気がするし、そのすべてを具体的に説明しろと言われるとうまく説明できないのも事実であります。
休職にはすごく抵抗がありました。社会というか会社との繋がりが希薄になることをとても恐れていました。
また有り余る時間を有意義に使える自信もありません。
体調は休職が決まると同時にかなり回復してきました。これはクリニックで処方された薬の影響もあるかもしれませんが。

うがった見方をすれば、仕事内容・会社組織に表立って文句を言うキャラではありませんが、色々めんどくさくなってきたのかもしれません。
興味も知的探求心も減った気がするし、面倒くさいと思うことが兎に角多くなった気がします。そのくせ結果は出したいと焦っていたようにも
思います。
自分は今の会社に愛着もありますし、仲間も好きです。自分のワガママで自滅したのかなとも感じますが、そうではないような気もします。
なんともすっきりしない状態ではありますが、やっとブログを書けるまでの状態になりました。
自分のなかではSNSやブログを書くことは気分が上がる、つまり躁のトリガーにもなりやすいので注意したと思います。

 

 

うつと気分障害 (幻冬舎新書)

うつと気分障害 (幻冬舎新書)

 

 

 

はじめての認知療法 (講談社現代新書)

はじめての認知療法 (講談社現代新書)