読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Do you remember rock'n roll radio ?

デジタルガジェットと麺活とメンタルヘルス

【初体験記】内視鏡検査

最近随分心身疲労が続いていたわけなんですが、その中でも特に消化器系の具合が悪く、通院を始めました。

症状内容:吐き気、嘔吐、みぞおち痛です。

先生による所見によると、胃炎~胃潰瘍 の疑い。一応血液検査で膵臓系にも問題が無いか調べてもらい、そちらは問題なし判定。

胃潰瘍・・・

この言葉から想像できるは、ストレスしかない。やはりわかっていてもショックだなぁ。

今まで胃カメラ検査を受けたことがありませんでしたので、受けてくださいとの指示がお医者さまのお告げであります。

 

前日から絶飲食

わかっています。健康診断のバリウムで何回か経験あります。

ある程度、経験者談やネットで情報を収集。口からでなく鼻からであれば100倍位ラクであるという言葉に勇気をもらう。

検査

受付を済ませると

①胃の中をキレイにする液体を飲まされる。

⇒内容不明、ちょっと粘着性がある液体

②鼻にスプレー。

⇒鼻の穴を広げるスプレーですとの説明有り。左右にプシュ~を3~4回ずつ。特に刺激はなし。鼻炎スプレーのようなものか。

③処置室へ。麻酔液?の鼻から注入。

⇒針がない注射器を看護師さんはもっています。横になり、液体を両鼻へ注入されます。これが麻酔液?鼻から入れられたこのドロッとした液体。これを看護師さんは、「ゴクン」してくださいと言う。

ん?落ちてこない。

出来ません(私

狭いのかな(看護師さん

ドボドボ入れ始める。例の液体。

流石に喉に落ちてきた。

うぁー不味い。へんな栄養ドリンク剤とかパブロン細粒みたいな味。

じわーっと食道から胃へ流れて行くのがわかる。

気持ちわりー。。。(私

 

検査室へ呼ばれる。

検査台に横になれとのこと。

ここでチューブ管登場。

私)これ鼻に通すんだな

看護師さん)左右にこれ入れますよ~ 

まず右。ひっかかりを感じる

次左。なかなかするする入っていく。

看護師さん)左だね > 私)?

そうこうしてるともっと太いチューブ管登場!こっちが本命か!

看護師さん)これと同じくらいの太さのカメラ入れまーす~。

ズルズル~ 左穴にサクサク入れらた。

その後、そのチューブはお抜きになった。

 

さぁ。体を左向けに横にしてくださいと(看護師さん

ここで医師登場。

初めてですが(医師

はい(私

じゃ力抜いてください(医師

モニタと入れられるカメラ(細い黒蛇)が見える

行きまーす(医師

おぁつぶげー(私

入ってる。入ってく。喉まで来たあたりで、肩の力抜いてくださいと3回言われる。

うーっん(医師

「口でイー っと大きく言ってください」(医師

どうやら入りづらいようだ。

ここまで目をつむりまだモニタはみていない。というかおもってたより辛い。

涙と唾液が流れ始める。

ちょっと、慣れてきたかなというタイミングでそっと目を開ける。

出た~ 自分の胃の中~

当然見るのは初めて。結構キレイじゃん。

医師はところどこくまなくモニタで我の胃の中を覗き込む。写真も撮っているようだ。

で。

ある場所でカメラが止まる。自分も「ん」?

あー(医師 ここですねー(医師

カメラ撮ってる

明らかに出血痕のように他と比べ赤いし、白い凸凹痕もある。

 

これか。

 

その後3分ほどだろうか、いろいろ胃腸見学を終えて無事カメラは抜かれました。

 

感想としては、思ってたより辛い検査。カメラを動かされると、いろんな壁に当たるのがわかるし、それが結構鈍く痛い…

 

これが口から胃カメラだったら、私は絶対無理でしょう。

でもバリウムよりは良いかな。なんせあの発泡剤が飲めないので。

 

経鼻内視鏡バリウム検査>口から胃カメラ の順番かなと。

 

よって、胃カメラ検査を受けざるえない状況時は必ず、経鼻内視鏡(鼻から)可能かを確認してから通院することを強く推奨です。

 

 

新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]

新ビオフェルミンS錠 540錠 [指定医薬部外品]