読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Do you remember rock'n roll radio ?

デジタルガジェットと麺活とメンタルヘルス

ジャストシステム、赤い筐体の一太郎ロゴ入り限定タブレット に思う


ジャストシステム、赤い筐体の一太郎ロゴ入り限定タブレット 〜8型Windowsタブレット - PC Watch

 

ジャストシステムと言えば、ATOK

その昔からはジャストシステムと言えば一太郎というほど、日本のワードプロセッサIMEに関してはリーディングカンパニーな訳ですが、まっんと限定ではありますがWindowsタブレットを出してきました。

一太郎30周年記念とのことで、本格的なハードウェア参入ではないようですが気になります。

ジャストシステム自体では、ハードウェア参入を自力で行うことが出来ないと思われます。恐らく、こちらのタブレットは国内大手からのOEM供給を受ける形になると思います。

しかし限定数が500台。OEM供給側もあまり旨味があるロット数ではないですね。

 

しかし、ジャストシステムは先般のベネッセのDM騒動で報道された通り、「スマイルゼミ」という通信教育事業も、柱になっているようです。ここでも、ベネッセはタブレット機を使用しての通信講座を行っています。宣伝具合から想像するに会員数もそれなりにいるでしょう。

ソフト側の作り込みは、自前のリソースが使用できるでしょう。

おそらくタブレット端末は、Android機ベースだと思われます。

ハードウェアははやり、EMS・ODM・OEMをうまく使い分けて購入していると思われます。

 

このような、ソフトウェア事業者がハードウェアを自社ブランドで出すことは、今後の事業展開で幅を持たせる為にも、重要と言えるでしょう。OEM供給を受けることがコスト優先の場合もありますが、ディストリビューター的なOEM元であれば、自分たちでOEM元の元から供給を受けるという発想になることも考えられます。

 

ここは、ソフトウェア屋・ハードウェア屋共に共存をしていく為に、うまいエコシステムが出来上がることが望まれます。